幹事

基本方針

幹事 押野一郎

 昨年来の新型コロナウイルスの影響で完全に世の中の潮目が変わってしまった。その後もウイルスは変化をし続け人類の叡智をもってしてもなかなかその変化のスピードに追いつけない。ロータリークラブも同様、変化への適応をしようとするなら奉仕団体として生き残るすべを考える必要がある。

  • 変えてはならないもの:ロータリー哲学、つまりロータリーの奉仕理念
  • 変えなければならないもの:RI・地区、クラブの管理運営と奉仕活動の実践

上記を念頭にクラブの世話役、また管理運営の実務責任者として責務を全うしたい。

副会長

基本方針

副会長 新井清太

 今、世界的に我々の意識や行動への大きな変化が求められている情勢ではありますが、ロータリーの目指すところに何ら変わりはないものと思います。
 そのうえで、今年度は福田会長が新事業へのチャレンジ精神を大いに燃やしておりますので、今までの慣習に囚われることなくクラブとして新たに何が出来るか、皆で考え行動して参りたいと考えますのでどうぞ宜しくお願い致します。

基本方針

副会長 藤嶋剛史

 新型コロナによる活動への影響が続く中、当クラブは今まで行ってきた奉仕活動を見直す状況が重なり、現在模索の時期にあると考えます。本年度、RIのテーマ、そして福田会長が目指すものは「奉仕」ですが、新たな奉仕活動への積極果敢な取り組みがクラブの活性化につながるよう、精一杯会長・幹事を支えて参りたいと存じます。皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

SAA(会場監督)

基本方針

SAA 小林又次郎

 SAAは、Sergeant at Armsの略であると知りました。会合の整然とした進行管理を努める役回りです。Sergeantは『軍曹』。鬼軍曹ではなく、率先垂範する軍曹として、規律ある例会、誉れ有る例会の成立進行に努めます。会長・幹事を背後から支えることはもちろんですが、副SAAと連携協調し、例会における親睦性を高め、出席率の向上に貢献できる設営・運営に努めます。可能であるならば、規律ある中に和やかさや微笑ましさを導入したいと思います。食事懇談の時間帯がにぎやかに情報交換できる場であってほしいです。卓話や講演の時間帯においては、聞き手は真摯に傾聴するとともに、話し手自身が盛り上がる環境作りを心掛けます。それらの実現のためには、会員の皆さんの各会合への参加意識が欠かせません。皆さんのご支援をいただいて、健全な例会運営に努力します。

会計

基本方針

会計 瀬戸本一雄

 会計の役割として、正確性と継続性を重視し、ロータリー会費の徴収・管理について適切に対応するとともに、その結果について年2回の財務報告を行います。
 まずは会費等の収入は、会員の皆様の貴重な拠出によるものと認識し、各部門の活動に有効に活用されるよう努めてまいります。
 最後に監査報告においても厳正に実施し理事会等に報告する所存であり、どうか一年間よろしくお願いいたします。

長期計画委員会

基本方針

委員長 荒井伸夫

 今年度は、3年長期計画の最終年度に当たります。新型コロナウィルス感染拡大の混乱に巻き込まれた過去2年間であり、3年目の今年度も先が見えません。このようなコロナ禍の中で、各年度の会長を中心とした執行部は、Zoomによる例会に切り替えたりしながら素晴らしい対応を示してくれました。当委員会は、このような時代の中で新たな指針としての新3か年長期計画を策定しなければなりません。その時々の時勢にあった動きをしっかり咀嚼検討し、議論し合い、必要なことを長期計画に反映して方向性を打ち出していきたいと思います。
 具体的には、次のような点を考慮して新長期計画を策定していきます。

  1. 感染拡大が続いているコロナ禍の中で、RCはクラブとして、ロータリアンは個人として何ができるのか、何をすべきなのか議論していきたい。
  2. 次年度に予定されている60周年をどのように実施するのか。60周年特別委員会への協力をしっかり計画の中に織り込んでいきたい。
  3. 増強は当クラブの永遠のテーマです。ただ、増強した後にどんなクラブにしたいのか、会員の満足度を高め会員の積極的参加を促すにはどうしたらいいのか、などクラブの根幹となる事項を徹底的に話し合っていきたいと思います。
  4. 現行の奉仕活動はこのままでいいのか、惰性で奉仕事業をしてはいないか、新規の奉仕活動へのチャレンジは進んでいるのか、奉仕の理念に基づく魅力ある奉仕活動とは何か、議論は尽きません。
  5. 最後に、会員の皆さんにロータリーにもっと関心を持ってもらいたい、ロータリーを好きになってもらいたい。そのための方策として研修の充実ほか何ができるのか。長期的に大いに熱く議論していきたいと思います。

クラブ研修リーダー

基本方針

クラブ研修リーダー 内山泰成

 クラブの研修リーダーは、会長をはじめとするクラブのリーダーと協力しながら研修プログラムを開発します。
 会長幹事、長期計画委員会や研修委員会と連携し、クラブの未来を担うリーダーを育成していきたいと思います。

東京オリ・パラ特別委員会

基本方針

委員長 島村まり子

 「東京オリンピック・パラリンピックを地域の子供達と一緒に観戦し、共に感動する」事業の準備をする。

60周年特別委員会

基本方針

委員長 伊田雄二郎

 2023年春に開催予定の60周年記念事業に向けて始動いたします。
より充実した記念事業にするべく委員会にて知恵を出し合っていきたいと思っております。

プログラム委員会

基本方針

委員長 高橋真貴子

 本年度、プログラム委員会は昨年同様、会長直下の単独委員会になりました。
 毎週の例会を有意義に、楽しみにしてもらえるように、また、出席率や会員増強にも役に立てるように考えていきます。

  1. 年4回の大型卓話の開催
  2. 年8回のその他卓話の開催
  3. 創立記念例会

をプログラム委員会が担当しています。

 

本年度のクラブスローガン

「心に夢を」持てるような、
「奉仕に行動を」できるような、プログラムをチームで力を合わせて実現していきます。

クラブ管理運営部門

基本方針

部門委員長 小林政良

 ロータリーの五大奉仕の一つであります『クラブ奉仕』を担う部門となります。
 今年度のRIテーマは『奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために』、クラブスローガンは『心に夢を 奉仕に行動を』となっております。
 ロータリー活動において欠かせない奉仕というものを実践する機会として、クラブ管理運営部門ではいかに会員の皆様が充実した形で奉仕を行えるか、いかに全員で参加することが出来るかを第一に考え、運営していきたいと思っております。
 今年度も親睦・研修・出席委員会の3委員会で構成そして運営をして参ります。

■親睦活動委員会 方針

委員長 岡部 勉

 親睦活動を通して会員一人ひとりが多くの会員との交流を図り、強い絆を創り関係を深化させる。世代、ロータリー経験年数関係なく親睦・交流が活発に行われるクラブこそ、心に夢を持って行動し、奉仕の花を咲かせるのではないかと思います。各事業ともに魅力ある企画運営をして、楽しかったねと言われるようにしてまいります。
会員皆様のご理解ご協力とご参加をお願い致します。

  1. 会員の誕生日祝いの実施(毎月)
  2. クリスマス例会の実施(12月夜間)
  3. 新年例会の実施(1月)
  4. 会員親睦旅行の実施(時期未定)
  5. 最終例会の実施(6月夜間)
■会員研修委員会 方針

委員長 伊田雄二郎

 会員研修委員会は、会員にロータリーを理解してもらうために各種研修会等を実施していく方針です。

  1. 年数を限らない会員研修会の実施
  2. 新人会員研修会及び歓迎会の実施
  3. イニシエーションスピーチの実施
  4. 地区RLIへの会員参加の推奨
  5. クラブRLIの推奨

以上、宜しくお願いします。

■出席委員会 方針

委員長 関根正也

 『例会出席率90%に向け、先ず前年度の5%Upを目指す!』
 クラブ管理部門の基本方針に基づき、会員の皆さんが一回でも多く、例会に出席頂ける環境づくりをして参りたいと思います。

  1. 紹介者のご協力の下、出席の少ない会員の皆様へ、「例会出席依頼のレター」をお送りし、出席を促す。
  2. 例会時、お誕生日の会員向けに「指定席(ケーキ付)」を設ける。
  3. 入会1、2年次会員だけで「例会に出席したくなる企画」検討会・親睦会を開催する。
  4. クラブ運営の勉強も兼ねての、メークアップツアーを企画する。

広報・公共イメージ部門

基本方針

部門委員長 川井理砂子

 変革期を迎え、ロータリークラブの活動も重要度を増しています。今年度のクラブスローガン「心に夢を 奉仕に行動を」に基づき、ロータリーの活動を、これまで接点のなかった層を含め、クラブ内外へ広くアピールして参ります。また昨年度、当部門に誕生した新委員会(環境問題意識向上委員会)の活動を軌道に乗せるべく、ロータリーの重要な活動分野である環境保護、SDGsにつき、メンバーの皆様の意識向上につながる活動を目指します。

■環境問題意識向上委員会 方針

委員長 緒方 学

 新型コロナウィルスにより、私たちのビジネスや生活の様式は一変しました。環境においては、自粛要請等の制限により経済活動が停滞し、その結果として大気汚染が減少するなど、私たちの暮らしや経済活動が自然環境に大きな影響を与えている事を実感させられました。このように、コロナ禍により、益々環境問題への関心が強まってきたことを感じますが、ロータリークラブの活動として、どのように環境問題に対する意識を向上させ、地域社会に貢献して行くかをチームとして力を合わせ、実現させていきます。

■公共イメージ向上委員会 方針

委員長 中谷輝彦

 ロータリーの目的を踏まえ、地域のクラブや会員への情報伝達、及びロータリアンでない方々へロータリークラブは何をしているのかを伝え、ロータリーのイメージ向上を図ります。そのために、ホームページ、メディア、SNS等を通した、社会奉仕、職業奉仕、青少年奉仕等の奉仕プロジェクト活動報告の拡充を図り、地域社会の認知度を高めていきます。また、本年度は、一年延期となったオリンピック、パラリンピック開催年度でもあることから、オリ・パラ情報や国際的な活動の情報発信にも努めたいと思います。

■雑誌・会報委員会 方針

委員長 廿野幸一

 「ロータリーの友」の解説を通して、国内外のロータリークラブの活動の紹介をしていきます。また、週報の作成・配布により、クラブの活動内容の共有を進めるのはもちろん、今年度は会員皆さまの企業紹介PRなどにも取り組んでいきたいと考えております。現在、コロナ禍で、会員相互のコミュニケーションの取り方が難しい中、「ロータリーの友」、「週報」からの情報発信の役割は一段と増していくと思っております。会員の皆さまの奉仕の行動の一助になるような発信を心掛け、努めて参りたいと思います。

会員増強維持部門

基本方針

部門委員長 高橋誠一

 昨年3月から今年5月までコロナによる影響で経済活動が停滞しました。事業によっては相当の被害を受けていると思います。
 ワクチン接種が皆さんに行き渡るまで、人との接触を避けるように、そして密にならないようにといろいろ気を使って生活している現状だと思います。
 今年も昨年同様、ロータリーの例会もZoomも入れても60%くらいの出席率ではないかと思います。
 早くコロナが収束して会員全員が集まれる時が来ればよいなぁと思います。
 今はロータリー仲間と連絡を取り、お互いに協力出来れば、危機を乗り越えられると思います。仲間同士で助け合いましょう。
 今はロータリー会員同士のコミュニケーションをはかる時期だと思います。
 こんな時期はゴルフでもしてうっぷんを晴らしましょう。

■会員増強維持委員会 方針

委員長 胡  平

 部門基本方針のもと、会員増強13名(60周年に130名)を目指し取り組んで参ります。クラブ最優先事項は、「会員増強維持」ではないでしょうか。
 当委員会はクラブの勧誘活動を先導いたしますが、新会員を勧誘するのは会員一人ひとりの責務です。全会員にその事を認識して頂き、一人でも多くのご紹介を頂けるよう奨励して参ります。
 また、維持活動としては、会員には十分に情報を提供し、各活動に参加して頂き、クラブへの貢献に感謝の意を表すことで、会員の満足感を高めて参ります。
 皆様のご支援とご協力を頂きたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

■会員選考委員会 方針

委員長 小木曽賢己

 会員から推薦された入会予定者について、ロータリアンとしての資質や奉仕活動への意欲等を判断し、速やかに理事に上申する。

【選考基準】

  • 推薦者より入会予定者の説明を受ける。
  • 例会及び各種クラブ行事に積極的に参加する意欲がある事を確認する。
  • 奉仕活動に積極的に参加する意欲があるか確認する。

財団支援部門

基本方針

部門委員長 竹内雅人

 未経験の感染症が蔓延し、社会生活や例年通りのロータリー活動が厳しい状況です。同様にロータリアンの寄付で成り立つロータリー財団の財源が厳しくなり、補助金の仕組みが変更され減額されることになりました。
 ロータリー財団は、7つの重点分野のために補助金を支出してきましたが、奉仕事業継続のために財団の必要性を再認識することが重要と考えます。
 また、米山記念奨学生には学業の支援をしながら、ロータリーを理解し将来の日本と母国との親善の懸け橋となるために、愛情を注ぎ育てていくことが大切です。
 ロータリー財団と米山奨学事業に更なる理解を深め、一歩踏み込んだ奉仕を実現することで、人間的に成長したクラブになることを目指します。

■ロータリー財団委員会

委員長 荒井理人

 新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、我々の社会生活やロータリー活動も本来あるべき姿とは遠いところにあるように思います。また地区ロータリー財団でも同じようなことが起こっていると考えられます。
 今年度は、会員の皆様に財団の仕組みや資金運営等を学んでいただく一年にしたいと思います。深く理解をされている会員には教えていただき、全会員がロータリー財団についてより深く理解することで、豊かな人生を送れるメンバーで満ち溢れたクラブを目指します。
 また、ベネファクター寄付者2名の依頼も来ておりますので皆様のご協力をお願いいたします。

■米山記念奨学委員会 方針

委員長 星野良江

 公益財団法人ロータリー米山記念奨学会は、日本のロータリーが共同で運営する民間奨学団体です。日本で学ぶ外国人留学生に奨学金を支給し、支援する国際奨学事業を行っています。
 将来、日本と世界とを結ぶ「懸け橋」となって国際社会で活躍し、ロータリー運動の良き理解者となる人材を育成する事が米山記念奨学事業の使命です。

  1. 奨学金の財源は皆様方ロータリアンの寄付金となります。
    日本全国34地区への奨学生の割り当て人数は各地区の寄付実績により決定致しますのでご協力お願い致します。
  2. 奨学生との交流を深め、彼らの日本での生活が心豊かなものになるよう努めて参ります。

どうぞよろしくお願い致します。

奉仕部門

基本方針

部門委員長 井上勝美

 今年度クラブスローガン「心に夢を 奉仕に行動を」、RI会長テーマ・RI第2770地区活動方針「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」を実現するために奉仕部門は奉仕活動の実践をして参ります。今年度、奉仕部門は職業奉仕委員会、社会奉仕委員会、国際奉仕委員会、シスタークラブ委員会(国際大会参加推進含む)の4委員会にて運営致します。ロータリー綱領に基づく奉仕部門はロータリーの精神的な礎でありクラブ活動がよりどころとする基盤です。各委員会が年度計画書に基づき心に夢を奉仕に行動を通じて多くの人々の人生を豊かにして参ります。

■職業奉仕委員会 方針

委員長 吉田浩士

 ロータリーの根幹をなす職業奉仕は、会員それぞれが日々の仕事を通して世の中に貢献するために、奉仕の心を育て、向上させることが必要です。
 職業奉仕委員会では、日常の職業活動を通して、自分の職場の従業員、取引先の人たちやその関係者、ひいては地域社会の人たちの模範となり、自己の職業の品位と生きる力の根源である道徳的能力を向上させる事業を行います。
 それぞれの職業を通じた奉仕活動がロータリーの理想に向かって大きな力を発揮し、心に夢を持てる地域の実現に向けて行動してまいります。

■社会奉仕委員会 方針

委員長 風岡淳一

 昨年度大変好評だった、さいたま市児童養護施設カルテット及び埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園への物資の寄贈という形の支援を本年度も継続して行います。コロナ禍においても可能な奉仕活動として確実に行動して参ります。

■国際奉仕委員会 方針

委員長 増永裕樹

 新型コロナウイルスの影響で人、モノの流れが世界的に停滞し、国際奉仕活動のハードルは近年稀に見るほど高くなっております。会員各位の経済活動にも支障が生じるなか、ロータリーの原点である他人のことを思いやり、他人のために尽くすという「超我の奉仕」の理念が輝きを増す1年になるでしょう。
 今年度も引き続きラオス人民共和国にある「ラオ・フレンズ小児病院」を支援してまいります。当初は新型コロナの封じ込めに成功してきたラオスですが、2021年に入り感染が拡大。首都ビエンチャンでは都市封鎖が一時実施されました。厳しい環境ではありますが現地との連絡を密にし、医療品の提供を通じて衛生的な治療体制の構築に貢献していきます。

■シスタークラブ委員会 方針

委員長 矢部正博

 大宮西ロータリークラブと、台湾・南投扶輪社は1970年2月16日にシスタークラブ締結がされました。今年で締結51年目にもなり今まで諸先輩方によって脈々と継続されてきた事業です。本年度は、台湾・南投扶輪社への表敬訪問と5年更新の調印式を行いシスタークラブとして友好関係をさらに深めていきたいと思います。
 また、2022年6月4日にはヒューストンにて国際大会が開催されます。多くのクラブメンバーに参加いただけるように推進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

青少年奉仕部門

基本方針

部門委員長 横溝一樹

 青少年奉仕分野においてもCOVID-19の影響は大きく、青少年交換プログラムが2022年6月30日まで休止となるなど、引き続き活動が制限された状況にあります。
 青少年奉仕部門としては、青少年交換プログラム及び韓国3750地区インターアクターとの交流事業再開に向けた準備となるよう、交換留学事業の案内や周知、また受け入れ体制の整備などを進めて参ります。既存事業の運営が困難でも停滞することなく、新たな事業の企画・実現にコミットした活動を、他部門委員会とも連携して行っていきたいと考えます。

■青少年奉仕委員会 方針

委員長 配島信恵

 青少年交換は、ロータリークラブ関係者、ホストファミリーなどの支援の下、15歳から19歳の学生が海外に滞在し、言語や文化を学びながら貴重な経験、国際理解、親善、世界平和を認識するプログラムです。
 しかし、今期は新型コロナウイルス感染拡大により2022年6月までの交換事業は一時停止になりました。
 次年度再開の折にはスムースな委員会運営ができるように努めてまいります。

■インターアクト委員会 方針

委員長 石澤孝幸

 国際ロータリーが定める青少年奉仕の中で12歳から18歳の青少年を対象にするのがこのインターアクト委員会であります。様々な経験をすることで地域社会の発展や国際相互理解に貢献する人材に成長するための活動を応援していきたいと考えております。
 昨年度は新型コロナウイルス蔓延に伴い、例年実施されております地区におけるインターアクトの年次大会、研修会、国際交流などの行事が全て中止なりました。本年度の活動も制限が余儀なくされておりますが、交流事業の再開を大きな柱として当クラブが支援する埼玉栄高等学校インターアクトクラブとこれまで以上に連携していけるよう活動してまいりたいと思います。
 貴重な学生生活が制限されている青少年達にボランティア活動を通じて、元気になってもらうことを主眼に考え進めたいと思います。